BNP AM

The sustainable investor for a changing world

「世界環境デー」 は、世界中の政府や企業、個人が共に、環境危機に対する認識を高め、その危機に対応すべく、革新的なソリューションを推進することを目的としたものです。

「世界環境デー」 は、1972年のストックホルム会議のスローガン「Only One Earth(かけがえのない地球)」にフォーカスし、自然が無数の脅威に直面する中、50年経った今もその重要性は真実味があります。

環境危機について

私たちが飲む水、呼吸するための空気、食物を育てるための土壌などの自然は、ほとんどの産業や私たちの生活基盤となっています。しかし、自然システムの多くは、人口増加、所得の増加や都市化によって著しくダメージを受けています。 例えば、私たちは自然資本を、地球が再生できる速度の1.75倍のペースで消費していると推定されています 1。故に、私たちはより良く持続可能な世界を形成するために、今行動する必要があります。行動しなければ、私たちは自然を荒廃させ、今日享受している先進国の多くの成長と繁栄を維持することができず、発展途上国までに広げることもできません。

私たちの取り組み

BNPパリバ・アセットマネジメントでは、私たちが行う投資を「善を促進する力」として活用したいと考えています。これは、次のことを意味します。

•環境、社会、ガバナンス (ESG) の考慮を戦略に組み込む

• シェアホルダー・エンゲージメントおよび政策提言活動を通じてスチュワードシップを実践する

• 責任ある企業行動指針と商品ベースの投資除外を適用する

• エネルギー転換、平等と包摂的な成長そして環境の持続可能性など、サステナビリティの主要課題に焦点を当てる

 •より持続可能な世界の実現に向け、金融が果たすべき役割についての認識を促進する

特筆すべきものとして、2021年に 「生物多様性のロードマップ」を発表しました。このロードマップでは、生物多様性の考慮を私たちのサステナブル投資アプローチの柱に組み込む計画を説明しています。一例として、共通の生物多様性に関する報告指標を開発するため、カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト (CDP)とのプロジェクトへの資金拠出が挙げられます。

私たちの議決権行使やエンゲージメントも、環境の持続可能性の向上への野心を反映しています。 具体的には、2021年に296社と528回にわたるエンゲージメントを行い、その35%が環境問題についての議論となりました2

投資家にできること

投資家は、サステナブルな投資戦略や変化をもたらすことを目指す投資戦略に資産配分することで、環境、社会、またはその両方に積極的に貢献しつつ、魅力的な投資リターンを狙うことができます。私たちは、環境戦略グループという環境に特化した成長性の高いテーマ型のアクティブ戦略を担当する運用チームをもち、生態系回復(エコシステム・レストレーション)をテーマとした株式運用戦略も展開しています。今後も、お客様がサステナブルな未来に向かって貢献できる魅力的な投資ソリューションに資産配分を行えるよう、投資ソリューションの幅を広げてまいります。

※1 Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES), 2019

※2 WWF, Earth Overshoot Day, 2019

<ご留意事項>

本資料はBNPパリバ・アセットマネジメントグループ(フランスや英国、その他の拠点を含む、以下当社グループ))が作成し、当社グループ拠点のウエブサイトで「世界環境デー2022」に際し、掲載され、特定の金融商品の取得勧誘を目的としたものではありません。また、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。本資料には専門用語や専門的な内容が含まれる可能性がある点をご留意ください。

BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社は、翻訳には正確性を期していますが、必ずしもその完全性を担保するものではありません。万一、原文と和訳との間に齟齬がある場合には英語の原文が優先することをご了承ください。

過去の実績に関する数値、図表、見解や予測などを含むいかなる内容も将来の運用成績を示唆または保証するものではありません。投資した資産の価値や分配金は変動する可能性があり、投資家は投資元本を回収できない可能性があります。新興国市場、または専門的なセクター、制限されたセクターへの投資は、入手可能な情報が少なく流動性が低いため、また市場の状況(社会的、政治的、経済的状況)の変化により敏感に反応しやすいため、より不安定性があり、大きな変動を受ける可能性があります。
BNPパリバ・アセットマネジメントは、短期・中期および長期の財務リスクを軽減するとともに、より良い長期投資を見極め、より責任のある企業行動を推進するため、ESG(環境、社会、ガバナンス)要素をすべてのポートフォリオに統合し続けています。お客様の利益を無関係な目的に適用させることはありません。特定の発行体およびセクターは、ESG評価およびリスク属性に基づき、アクティブ運用を行うポートフォリオから除外される場合があります。その結果、除外された発行体やセクターに有利な市場環境において、そのリターンを享受できない可能性があります。世界の開示制度には大きな差異があるため、監査されていない発行者の自主的な開示に依存するケースがあります。したがって、保有銘柄のESG評価に関する完全、正確、または比較可能な情報にアクセスできないケースがあります。投資戦略によっては特定のESGガイドラインがないケースもありますので、各投資戦略で採用されているESGの詳細については、該当する戦略の資料をご確認ください。

関連するインサイト

第2次金融商品市場指令(MiFID II)とESG選好:欧州のパラダイムシフト?
国際生物多様性の日2022
サステナブルファイナンス開示規則(SFDR) -その理解と実践
BNPPAM

ご留意事項

BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社の運用戦略や商品は、値動きのある金融商品等を投資対象として運用を行いますので、運用ポートフォリオの運用実績は、組入れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。
また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。
運用口座や投資信託によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。
また、ご投資に伴う運用報酬や申込み手数料、換金時手数料、保有期間中に間接的にご負担いただく費用、その他費用等及びその合計額も異なりますので、その金額をあらかじめ表示することができません。ご投資に当たっては目論見書や契約締結前交付書面を良くお読み下さい。

当社ウェブサイトに掲載の全ての情報の著作権はBNPパリバ・アセットマネジメント株式会社に帰属します。掲載情報・資料等の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、複製することを禁じます。

商号 : BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者    関東財務局長(金商)第378号
加入協会 : 一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

Copyright @ 2022 BNP PARIBAS ASSET MANAGEMENT Japan Limited.