BNP AM

The sustainable investor for a changing world

私たちのアプローチ

私たちは、当社の戦略においてサステナブル投資を実践し、統合していくことに取り組んでいます。サステナブル投資とは、すべての投資におけるESG統合、スチュワードシップ(議決権行使、エンゲージメント)、フォワード・ルッキングの観点(「3つのE」)、責任ある企業行動とセクターベースでの投資対象除外などの主要な原則を含むものと定義しています。

ジェイン・アムバクシア
グローバル・ヘッド・オブ・サステナビリティ

「私たちの投資アプローチは、サステナブル投資こそが有利な投資であるという私たちの確信を示したものです。世界有数の金融機関として、私たちは、投資先企業と当社自身において優れたガバナンスや透明性、広範な開示が重要であると考えています。」

サステナブル・インベスターとしてのアプローチ:6つの柱

XXX BNP AM

ESG統合

当社の運用プロセスの中核において、アナリストやポートフォリオ・マネージャーは適切に関連あるESG要素を企業や資産、ソブリンの評価や投資判断の考察に組み入れています。これにより、他の市場参加者が把握していない可能性があるリスクや投資機会を特定・評価し、相対的に優位性を持つことができます。

XXX BNP AM

スチュワードシップ

当社は、企業や政策立案者がサステナビリティの課題における実績を改善できるよう促進する目的で、議決権行使やエンゲージメント、政策の提唱といったスチュワードシップ活動を行っています。これにより、短期的および長期的なリスクを管理することが可能になり、投資家としての知識と理解を高めるとともに、正の外部性を生み出します。これらはすべて、お客様の利益につながるものです。

さらに読む

XXX BNP AM

責任ある企業行動

当社は、国連グローバル・コンパクトの原則に沿って、事業活動の拠点にかかわらず、企業が人権と労働者の権利、環境の保護、腐敗防止セーフガードの確保において重要な責任を果たすことを期待しています。当社は、投資先企業が未達の分野についてエンゲージメントを行い、大きく原則に反する企業を投資対象から除外します。また、特定セクターへの投資に条件を設定し、選別条件やとエンゲージメントの指針とする一連のセクターポリシーも備えています。

XXX BNP AM

「3つのE」

私たちが考える「より良い世界」とは、首尾よくエネルギー転換が進んでいること、より環境面で持続可能であること、そしてより平等と包摂的であることを含む経済モデルと共にある世界です。当社の「3つのE」は、サステナビリティの取り組みに欠かせない焦点となっています。また、機関投資家(資産運用会社とアセットオーナー双方を含む)には「持続可能な開発目標(SDGs)」やパリ協定の達成に向けて行動する機会または責務があると考えています。

XXX BNP AM

サステナブル・プラス

「サステナブル・プラス」は、私たちのサステナブル投資アプローチの4つの柱に更にサステナブルな要素を高めたものです。「エンハンスドESG」  戦略は、マルチファクター、ベスト・イン・クラス、ラベル認証ファンド等を含みます。「テーマ型」戦略は、特定の環境や社会の課題を具体的に解決する製品・サービスを提供する企業に投資します。最後に、「インパクト投資」戦略は、経済的パフォーマンスに加え、社会や環境に十分に配慮された測定可能なプラスのインパクトを与えるものです。

XXX BNP AM

私たちのCSRアプローチ

優れ秀でたことを達成するにあたり、有言実行は極めて重要なことです。サステナブル投資を行う資産運用会社として、企業としての実践と開示は投資先企業に期待する水準と同様、もしくは超えなければなりません。達成に向けて、私たちは4つのアプローチを導入し、当社の事業やコミュニティ活動にサステナビリティを統合しています。事業活動におけるCO2排出量の削減、埋立廃棄物の削減、ジェンダー・バランスのとれた社員構成の実現、そして、若い世代の包摂に関する地域社会の取り組みへの注力です。


<ご留意事項>

過去の実績に関する数値、図表、見解や予測などを含むいかなる内容も将来の運用成績を示唆または保証するものではありません。

本ページは特定の金融商品の取得勧誘を目的としたものではありません。また、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。本ページの内容は作成時点の筆者の見解であり、予告なく変更する場合があります。

投資した資産の価値や分配金は変動する可能性があり、投資家は投資元本を回収できない可能性があります。新興国市場、または専門的なセクター、制限されたセクターへの投資は、入手可能な情報が少なく流動性が低いため、また市場の状況(社会的、政治的、経済的状況)の変化により敏感に反応しやすいため、より不安定性があり、大きな変動を受ける可能性があります。

BNPPAM

ご留意事項

BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社の運用戦略や商品は、値動きのある金融商品等を投資対象として運用を行いますので、運用ポートフォリオの運用実績は、組入れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。
また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。
運用口座や投資信託によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。
また、ご投資に伴う運用報酬や申込み手数料、換金時手数料、保有期間中に間接的にご負担いただく費用、その他費用等及びその合計額も異なりますので、その金額をあらかじめ表示することができません。ご投資に当たっては目論見書や契約締結前交付書面を良くお読み下さい。

当社ウェブサイトに掲載の全ての情報の著作権はBNPパリバ・アセットマネジメント株式会社に帰属します。掲載情報・資料等の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、複製することを禁じます。

商号 : BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者    関東財務局長(金商)第378号
加入協会 : 一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

Copyright @ 2022 BNP PARIBAS ASSET MANAGEMENT Japan Limited.