BNP AM

The sustainable investor for a changing world

Crude oil tanker and LPG Loading in port at sea

脱炭素化加速の必要性を浮き彫りにしたエネルギー安全保障への懸念

エネルギー価格の高騰とロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー安全保障への懸念から、ネットゼロへの移行がかつてないほど重要になっていると、BNPパリバ・アセットマネジメントサステナビリティ・センターのシニアESGアナリストであるThibaud Clissonは述べています。                                

エネルギー転換(低炭素エネルギー源を中心としたエネルギーシステムへの移行)は、気候変動への対応において重要な役割を担っています。エネルギー関連、および資本財、輸送、建設セクターからの排出は温室効果ガス全体の約75%を占め、年々増加し続けています。

国際エネルギー機関(IEA)が強調しているように、パンデミックからの急速な景気回復により、エネルギー関連セクターの二酸化炭素排出量は2021年に過去最高の36.3ギガトンまで増加しました。

最近発生した様々な出来事により、エネルギーは政治やビジネスの重要な課題となっています。新型コロナウイルスによる経済ショックからの需要回復を受け、エネルギー価格はすでに著しく上昇していました。そこへ、ロシアとウクライナの紛争、モスクワへの制裁措置による市場への影響、供給源の分散化への新たな動きによって、エネルギー価格はさらに上昇しました。

ブレント原油は3月上旬に1バレルあたり125米ドルを超え、当コラム執筆時点でも115米ドル前後で推移しています。天然ガスの指標価格は2021年9月以降大きく変動しており、3月上旬には前年比900%超の高騰を記録しました。

一方、再生可能エネルギー技術は安価になりつつあり、再生可能エネルギーが化石燃料市場の変動に対する防御策として機能する可能性が高まっています。この点が、エネルギー転換の加速を進めるもう一つの論拠と言えます。実際、多くの政府がこうしたアプローチを取ろうとしています。

レポート全文(PDF)はこちらよりご覧ください。

関連するインサイト

欧州のエネルギー自給を可能にする第3の選択肢 ~加速するエネルギー転換への流れ~
2022年投資環境見通し(年央版) の要点~リセッション予想の記録~
サステナビリティ・レポート2021 ~サステナブル・トランスフォーメーションの時代へ~
BNPPAM

ご留意事項

BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社の運用戦略や商品は、値動きのある金融商品等を投資対象として運用を行いますので、運用ポートフォリオの運用実績は、組入れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。
また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。
運用口座や投資信託によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。
また、ご投資に伴う運用報酬や申込み手数料、換金時手数料、保有期間中に間接的にご負担いただく費用、その他費用等及びその合計額も異なりますので、その金額をあらかじめ表示することができません。ご投資に当たっては目論見書や契約締結前交付書面を良くお読み下さい。

当社ウェブサイトに掲載の全ての情報の著作権はBNPパリバ・アセットマネジメント株式会社に帰属します。掲載情報・資料等の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、複製することを禁じます。

商号 : BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者    関東財務局長(金商)第378号
加入協会 : 一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

Copyright @ 2022 BNP PARIBAS ASSET MANAGEMENT Japan Limited.