BNP AM

The sustainable investor for a changing world

India Mumbai skyline

当資料は、BNPパリバ・アセットマネジメント英国が2022年5月に公表した”Sustainable Asian Cities – Preparing now for the future” を翻訳したものです。以下、エグゼクティブ・サマリーの抜粋です。

  • BNPパリバ・アセットマネジメント(以下、BNPP AM)は、アジア各都市の持続可能性の向上が喫緊かつ重要であると考えます。アジアの都市が、その成長に伴って起こる人口流入や気候変動などといった課題に直面し、持続可能性の面で変化を起こす必要に迫られた今、当社はその実現をサポートする活動を行う発行体を対象とした投資戦略を設定しています。
  • このテーマでは、都市のモビリティの向上、インフラの改善、総合的な開発の推進、医療・教育施設の改善、そしてこれら4つの要素をサポートする革新的な技術ソリューションへの投資といった5つのトピックを中心に捉えています。
  • 当社の「アジア・サステナブル・シティ債券戦略」は、グリーン/ソーシャル/サステナビリティ(GSS)、サステナビリティ・リンクの各債券(総称して「サステナブル債券」)、および、このテーマから少なくとも収益の20%を得ている発行体の従来型債券にも併せて投資を行えるよう設計されています。
  • この戦略は、当社が独自に開発した「テーマ別債券評価フレームワーク」および「環境・社会・ガバナンス(ESG)スコアリング・システム」、そして当社の「責任ある企業行動指針」に基づくものであり、BNPP AMの持続可能性分野における確かな取り組みを示すものとなります。
  • さらに、この投資戦略により、投資家はアジアで拡大するGSS債のグリーンプレミアム(「グリーニアム現象」)の恩恵を受けることができると当社は考えています。BNPP AMのクオンツリサーチ・グループの調査によれば、GSS債にグリーンプレミアムが存在することはすでに明らかになっています。
  • 最後に、アジアのハイ・イールド(HY)債のスプレッド拡大は、投資家にとって魅力的なエントリーポイントになると考えています。とりわけ、ここ数週間の中国政府のハト派的な動きが鮮明になっており、現在は転換点に差し掛かっていると考えられるためでもあります。さらに、新興国 (EM)債券のバリュエーションも、現時点で投資妙味があると見ています。他の債券と比較してスプレッドが拡大しているため、米連邦準備制度理事会(FRB)による引き締めサイクルにおける債券投資として、良いエントリーポイントを提供する数少ない資産クラスと見ています。


関連するインサイト

欧州のエネルギー自給を可能にする第3の選択肢 ~加速するエネルギー転換への流れ~
サステナビリティ・レポート2021 ~サステナブル・トランスフォーメーションの時代へ~
グリーンボンドやソーシャルボンド、サステナビリティ・ボンドへの投資
BNPPAM

ご留意事項

BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社の運用戦略や商品は、値動きのある金融商品等を投資対象として運用を行いますので、運用ポートフォリオの運用実績は、組入れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。
また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。
運用口座や投資信託によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。
また、ご投資に伴う運用報酬や申込み手数料、換金時手数料、保有期間中に間接的にご負担いただく費用、その他費用等及びその合計額も異なりますので、その金額をあらかじめ表示することができません。ご投資に当たっては目論見書や契約締結前交付書面を良くお読み下さい。

当社ウェブサイトに掲載の全ての情報の著作権はBNPパリバ・アセットマネジメント株式会社に帰属します。掲載情報・資料等の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、複製することを禁じます。

商号 : BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者    関東財務局長(金商)第378号
加入協会 : 一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

Copyright @ 2022 BNP PARIBAS ASSET MANAGEMENT Japan Limited.