BNP AM

The sustainable investor for a changing world

サステナブルファイナンス規制

サステナビリティの時代は、200年にわたる炭素の時代に取って代わるものです。金融業界は、自発的にかつ規制当局の発令によって、この移行促進をサポートしています。

例えば、欧州連合(EU)は気候変動に対する明瞭な取り組みを期待しています。2050年までに炭素排出量ネットゼロを実現し、グリーンウォッシングを禁止する合意がなされています 。これらの政策目標の達成に向けて、EUはサステナブルファイナンス開示規則(SFDR)を制定しました。

EUによれば、SFDRは金融商品を提供する金融機関や最終投資家向けのファイナンシャル・アドバイザーに対してサステナビリティに関する開示義務を定めたものです。EUは2019年にSFDRは公的に採用し、2021年3月にレベル1の開示が義務付けられました。

またSFDRの他、第2次金融商品市場指令(MiFID II)とその3つの柱であるEUタクソノミー、サステナブル投資とサステナビリティへの主要な悪影響(PASI)、そして企業サステナビリティ報告指令(CSRD)の規制があります。

以下の情報提供資料や動画は、資産運用業界に影響する主なサステナブルファイナンス規制に関するお客様の疑問にお答えし、BNPパリバ・アセットマネジメントのアプローチを説明しています。※グローバルサイトへリンク


      <ご留意事項>

      過去の実績に関する数値、図表、見解や予測などを含むいかなる内容も将来の運用成績を示唆または保証するものではありません。

      本ページは特定の金融商品の取得勧誘を目的としたものではありません。また、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。本ページの内容は作成時点の筆者の見解であり、予告なく変更する場合があります。

      投資した資産の価値や分配金は変動する可能性があり、投資家は投資元本を回収できない可能性があります。新興国市場、または専門的なセクター、制限されたセクターへの投資は、入手可能な情報が少なく流動性が低いため、また市場の状況(社会的、政治的、経済的状況)の変化により敏感に反応しやすいため、より不安定性があり、大きな変動を受ける可能性があります。

      BNPPAM

      ご留意事項

      BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社の運用戦略や商品は、値動きのある金融商品等を投資対象として運用を行いますので、運用ポートフォリオの運用実績は、組入れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。
      また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。
      運用口座や投資信託によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。
      また、ご投資に伴う運用報酬や申込み手数料、換金時手数料、保有期間中に間接的にご負担いただく費用、その他費用等及びその合計額も異なりますので、その金額をあらかじめ表示することができません。ご投資に当たっては目論見書や契約締結前交付書面を良くお読み下さい。

      当社ウェブサイトに掲載の全ての情報の著作権はBNPパリバ・アセットマネジメント株式会社に帰属します。掲載情報・資料等の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、複製することを禁じます。

      商号 : BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社
      金融商品取引業者    関東財務局長(金商)第378号
      加入協会 : 一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

      Copyright @ 2022 BNP PARIBAS ASSET MANAGEMENT Japan Limited.